乳がんの薬物治療

乳がんの病状進行は、増殖が活発なものや比較的おだやかなもの
、体内の別の部位へ転移してしまうものなど、それぞれによって異なります。

1970年代には外科的手術で乳房を切除する治療方法が主流でしたが
、完全に患部を取り除くことが難しい場合も少なくありませんでした。
最近では優れた薬物が開発されており、外科的治療と
薬物治療を並行して行うことによって、より効果の高い治療を行うことが
できるようになっています。

例えば、化学治療は、全身のがん細胞を抗がん剤で攻撃して治療を行います。
がん細胞の根絶を目的としています、
ホルモン治療は、女性ホルモンの影響で活発になる
がん細胞の増殖を抑えて治療する方法です。
また、分子標的治療薬は、HER2受容体をピンポイントに対して攻撃することで治療する方法です。これらの薬物治療は、がんの性質や進行具合によって選択されるため、
担当医に相談してみるようにしましょう。