エストロゲンと発がんリスク

日本人女性の乳がん罹患率は年々増加しています。
その原因としていくつかの説があげられていますが、
女性ホルモンのひとつである
エストロゲンとの関係性が唱えられています。

エストロゲンは分泌されることによって
女性特有の臓器や細胞に対して機能するように
働きかけるホルモンです。

具体的には、月経が起こることや
乳房のはたらきを高めること、
みずみずしい肌をつくりことなど、
女性らしさを作り出すためには不可欠なはたらきをしています。

しかし、エストロゲンの影響を長く受けていると、
それぞれの組織に働きかける影響も大きくなっていくのです。
当然、乳腺にできてしまった
がん細胞もエストロゲンが
活発に機能するようにはたらきかけられれば、
どんどん増殖していくことになり、
症状が進行していくこととなるのです。