超音波検査のメリットデメリット

超音波(エコー)検査とは、
超音波を当てて反射するエコーを画像化する検査です。

乳がん検診の場合は、乳房にゼリー状の専用薬を塗り、
端子を当てて検査します。

この検査を通して、良性の乳腺症や乳がんなど
早期発見することができます。

メリットとしては、
マンモグラフィーとは異なり、乳腺が発達した
若い世代にも有効であることや
体への負担や痛みはほとんど感じることはないことです。
また、放射線を使ったり薬を使うことはないので、
妊娠中でも検査は可能です。

異変に対しても、数ミリ単位の小さなしこりを見つけることができたり、
性状まで知ることができます。
しかし、部分的な情報を得ることができないことや、
細かい石灰化、性状などの確認ができないということが指摘されています。