乳がん検診の必要性

日本人女性のがん罹患数でトップである乳がん。
幅広い年齢で発症し、
年間で約1万人が亡くなっているにも関わらず、
その検診率はまだまだ十分であるとはいえません。

現在、乳がんの検診方法として、
問診・乳房X線撮影(マンモグラフィ)
視触診・超音波が主流となっており、
これらを組み合わせて一次検診としています。

乳がんの定期検診が必要だといわれる背景には、
完治率が高いことにあります。
発見が早ければ、症状の進行を食い止めることができること、
治療方法を選択することができること、
治療後の生活への影響を最小限にすることができることなどがあります。

実際に早期発見で治療した人の90%は、
ほぼ治癒した状態で元気に生活しています。

自分を守るためにも、乳がん検診を行ってみませんか?